チョークアートとは?

チョークアートとは、イギリスが発祥地になります。

元々は、イギリスにあったパブの看板に描かれていたものが、オーストラリアへと渡り、オーストラリアで更にカラフルとなり、芸術的なアートへと進展し、今に至るのです。

チョークアートは、黒や深緑色の黒板に、雨や雪などに濡れても消えないように、絵や文字を描いた色鮮やかな看板をいいます。

オーストラリアを観光しますと、特に東海岸を散策しておりますと、カフェやレストランの店先に置かれた看板、また、店内のメニューボードとして、利用されているのを目にすると思います。

チョークアート専用のボードに、鮮やかな発色のパステルを使用して描いたイラスト、レタリングは、特殊なコーティングをすることで、雨に濡れても消えないチョークアートボードとなるのです。

ほかのアートとの違いは、チョークアートには商業用であるという役割を背負っていることです。

◯関連サイト:チョークアートatoa